清左衛門の歴史-History
清左衛門の歴史-History

初代 永井兵治郎が江戸時代後期の文化年間、京都府北部の丹後地方にて生糸問屋として創業。

二代目より、生糸問屋と丹後ちりめん(一越ちりめん)の製造を併業し永治屋清左衛門を名乗り、爾来家督を継ぐ男子は清左衛門を名乗る。

四代目より、ちりめん製造に専念し、明治期には永清ちりめんのブランドとし一世風靡した。

六代目は本社屋を京都市に移し、白生地のトップブランドの主力メーカーとしてて製造を営む。

昭和49年 永井幸三郎、七代永治屋清左衛門として家督を継承する。

平成5年 京都国立博物館 技官 切畑健氏の指導の下「お市の方」の装束を唐織打掛、白綾地小袖、練貫地小袖など復元制作 発表する。

平成13年 七代永治屋清左衛門は染織技法として例のない独自の作風(先染縮緬 唐織訪問着)を制作発表。染織界に新たなページを加え、評価を得る。

平成23年 織技術の粋を結集し、京の四季の移ろいをテーマとして、それぞれ 異なる技法・素材を用いた「四季の四連作」を制作発表する。